2015.8.22 05:01

長期離脱中の阪神・西岡、大きな進展なし 今月中に再検査予定

長期離脱中の阪神・西岡、大きな進展なし 今月中に再検査予定

 右肘の靱帯損傷で長期離脱中の阪神・西岡が21日、甲子園の室内でフリー打撃などで汗を流した。患部の負担が少ない左打席のみでのスイング。仲野2軍トレーナーは「大きな進展はありません」と説明した。キャッチボール再開のメドは立っておらず、今月中に再検査を予定している。

(紙面から)