2015.8.21 05:06(2/3ページ)

100周年の主役だ!東海大相模、小笠原で45年ぶりV/甲子園

100周年の主役だ!東海大相模、小笠原で45年ぶりV/甲子園

小笠原が高校通算2本目、公式戦初アーチ。大舞台で魅せるのがスターだ

小笠原が高校通算2本目、公式戦初アーチ。大舞台で魅せるのがスターだ【拡大】

 勝利の架け橋が右中間席に伸びる。6-6の九回。先頭の小笠原が佐藤世の初球フォークボールを強振。野手顔負けの決勝弾をほうりこんだ。

 「うれしすぎて涙も出なかった。俺が決めていいのかな。心境は複雑ですね」

 観衆4万3000人の前で公式戦初本塁打。三塁側ベンチ前で門馬監督のアツ~イ抱擁に「(初のハグに)雨が降るかと思った」と苦笑いだ。投球では6失点(自責点5)ながら1度もリードを許さず気迫の161球完投。最速149キロの直球を軸に躍動した。六回以降、初の東北勢優勝を願うスタンド全体が仙台育英を応援する雰囲気に包まれたが、冷静に対処。全国3906校の頂点に立った。

 「投げづらかった。でも、一番静かなバックスクリーンを見て平常心を保ちました」

 昨年亡くなった元監督の原貢さん(享年78)が率いて、初優勝を飾った1970年以来45年ぶり2度目のV。45年前のスコアもこの日と同じ10-6だった。高校野球100周年の節目にエース左腕は「新しい歴史を作った」と胸を張った。

【続きを読む】

  • 完投&決勝弾の小笠原(右)は勝利の瞬間、捕手の長倉と抱き合って喜びを爆発させた(撮影・福島範和)
  • 東海大相模の先発、小笠原慎之介=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 最終打者を打ち取り、2度目の優勝を決めガッツポーズの東海大相模・小笠原=甲子園球場
  • 健闘を称えあう東海大相模・小笠原と仙台育英・佐藤世(左)=甲子園球場(撮影・福島範和)
  • 優勝を決め、喜びを爆発させる東海大相模・小笠原(中央)ら=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 9回、適時2塁打を放つ東海大相模・豊田=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 9回表、1死左翼線に二塁打を放つ東海大相模・宮地=甲子園球場
  • 9回表、1死二塁左前に適時打を放つ東海大相模・杉崎=甲子園球場
  • 9回、小笠原が本塁打を放ち、大喜びする東海大相模・門馬監督=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 9回、東海大相模・小笠原が決勝本塁打を放ち盛り上がるベンチ=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 優勝を決め、喜びを爆発させる東海大相模ナイン=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 仙台育英を破り優勝を決め、喜ぶ東海大相模・小笠原(右から2人目)らナイン=甲子園球場