2015.8.18 05:02

阪神・西岡、右肘再検査へ…実戦復帰のメド依然立たず

阪神・西岡、右肘再検査へ…実戦復帰のメド依然立たず

 右肘靱帯損傷のためリハビリ中の阪神・西岡剛内野手(31)が今月下旬に再検査を受けることが17日、明らかになった。球団幹部が「今月下旬に再検査を受けると聞いている。患部の状態がなかなか上向いてこない」と説明した。

 西岡は5月22日のDeNA戦(横浜)で右肘の痛みを訴え、翌23日に抹消された。その後は鳴尾浜や甲子園でリハビリを行っているが、打撃練習は現在のところティー打撃まで。実戦復帰のメドは依然立っていない。

 ある首脳陣は「ポストシーズンで戻ってきてくれると大きいが、無理だけはさせられない。奇跡的に戻れたとしても守ることができないので代打のみになるだろう」という。今、最も悔しい思いをしているのは西岡本人だろう。再検査から、復帰への道が少しでもみえるのを祈るしかない。

(紙面から)