2015.8.15 05:02

楽天、三木谷オーナー御前で負け3位ロッテと6差に

楽天、三木谷オーナー御前で負け3位ロッテと6差に

試合を見つめる楽天・三木谷浩史球団オーナー=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)

試合を見つめる楽天・三木谷浩史球団オーナー=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天2-4日本ハム、22回戦、日本ハム12勝10敗、14日、コボスタ宮城)楽天は14日、日本ハム22回戦(コボスタ宮城)に2-4で敗れ、3位・ロッテとの差が6ゲームに開いた。オーダー編成などへの過度の介入が明らかになった三木谷浩史オーナー(50)は、星野仙一シニアアドバイザー(68)と特別室から観戦したが、発言はなかった。

 三木谷オーナーは、7月30日に田代打撃コーチが打撃不振の責任を取るとの理由で辞任して以来、初めて球場に姿を見せた。実際には同オーナーの現場への過度の介入に対し、田代コーチの不満が蓄積したことが原因で、現在でも介入は続いているもようだ。

 同オーナーは試合終了7分後の午後9時33分、「取材は一切『なし』でお願いします」という鳥飼球団広報部長の先導で、専用車に乗り込んだ。大久保監督は惜敗後「精いっぱい全員で戦った。(オーナーとは)話していない」と話すにとどめた。同オーナーは15日も観戦する予定だ。 (山田結軌)

試合結果へ

(紙面から)

  • 7回、マウンドに集まる楽天ナイン=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 7回、日本ハム・陽岱鋼(左)の生還を許し呆然とする楽天・嶋=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 6回、肩を落とす楽天・レイ(左)=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 2回、プロ通算400二塁打を達成する楽天・松井稼=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 2回、プロ通算400二塁打を達成し花束を掲げる楽天・松井稼=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 試合前、練習を見つめる楽天・星野仙一SA=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)