2015.8.12 05:05(1/3ページ)

沈まぬサブマリン!燕・山中、今季両リーグ最少96球でプロ初完封

沈まぬサブマリン!燕・山中、今季両リーグ最少96球でプロ初完封

山中は汗を飛び散らせながら力投し、プロ初完封勝利した(撮影・永田直也)

山中は汗を飛び散らせながら力投し、プロ初完封勝利した(撮影・永田直也)【拡大】

 (セ・リーグ、広島0-5ヤクルト、16回戦、8勝8敗、11日、マツダ)燕のサブマリンが快進撃だ! ヤクルト・山中浩史投手(29)が11日、広島16回戦(マツダ)で5安打に抑え、プロ初完封勝利を挙げた。今季両リーグ最少となる96球で9回完投し、球団記録となる1958年の金田正一(9戦9勝)以来の開幕から6戦6勝。27歳でプロ入りしトレード移籍も経た苦労人が、元大リーガーの広島・黒田博樹投手(40)に投げ勝った。山田哲人内野手(23)の25号3ランなどで5-0と快勝し、2位を守った。

【続きを読む】

  • 広島戦に先発したヤクルト・山中=マツダ
  • 6回、安打を放つヤクルト・先発の山中=マツダスタジアム(撮影・永田直也)
  • ファンの声援に応えるヤクルト先発・山中=マツダスタジアム(撮影・永田直也)
  • 完封勝利のヤクルト先発・山中らを迎える真中監督(左)=マツダスタジアム(撮影・永田直也)
  • 完封勝利に笑顔のヤクルト・山中(右から2人目)=マツダスタジアム(撮影・永田直也)
  • 1回、2死三塁ヤクルト・畠山が遊撃に先制内野安打を放つ=マツダ
  • 1回、内野安打を放つヤクルト・山田=マツダスタジアム(撮影・永田直也)
  • 2回、本塁打を放ち、三塁コーチ(左)とタッチを交わすヤクルト・大引=マツダ
  • 5回、3点本塁打を放つヤクルト・山田=マツダスタジアム(撮影・永田直也)
  • 9回、盗塁成功のヤクルト・山田=マツダスタジアム(撮影・永田直也)