2015.8.6 05:01

ヤクルト・杉浦、2軍戦で右肘痛み検査へ 長期離脱となる見通し

ヤクルト・杉浦、2軍戦で右肘痛み検査へ 長期離脱となる見通し

 ヤクルト・杉浦稔大投手(23)が5日、イースタン・リーグの楽天戦(コボスタ宮城)で右肘の痛みを訴え、1回で降板した。近日中に精密検査を受ける予定だが、靱帯(じんたい)を痛めた可能性もあり、長期離脱となる見通し。

 杉浦は新人だった昨年2月に右肘内側側副靭帯を断裂し、保存療法によるリハビリで復帰。今季は開幕ローテーション入りしたが、右肩の張りを訴えて4月20日に出場選手登録を抹消された。2軍戦を経て、8月中旬にも1軍再昇格が期待されていた。

(紙面から)