2015.8.6 21:39

DeNAのドラ2ルーキー石田がプロ初勝利! 竜打線を相手に8回1失点

DeNAのドラ2ルーキー石田がプロ初勝利! 竜打線を相手に8回1失点

プロ初勝利のDeNA・石田(左)と喜ぶDeNA・中畑監督(右)=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)

プロ初勝利のDeNA・石田(左)と喜ぶDeNA・中畑監督(右)=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-2DeNA、16回戦、DeNA11勝5敗、6日、ナゴヤドーム)DeNAは先発したドラフト2位ルーキーの石田健大投手(22)=法大=が、8回3安打1失点と好投し、4度目の先発でプロ初勝利を挙げた。ルーキー左腕の活躍で、チームは広島をかわし4位に浮上した。

 石田が懸命に左腕を振り続けた。直球の最速は140キロそこそこながら、カーブ、チェンジアップとのコンビネーションで中日打線に的を絞らせない。四回に先制点を与えたが、現在リーグトップの9勝をマークしている中日の先発・大野と互角に投げ合った。

 石田を援護したい打線は六回に宮崎の適時打で同点。七回にも二死一、二塁から、筒香が中前適時打を放ち1点を勝ち越し。石田はプロ最長となる8回3安打1失点。九回は同じくルーキーの守護神・山崎康が抑えて試合終了。プロ最多の124球の熱投で、プロ初勝利をつかんだ。

 石田はプロ初勝利に「ここまで長く時間はかかりましたが、自分なりに調整してきて、いいピッチングができてよかった」と充実の表情。プロで初めて8回を投げてたが「そんなにいい球はなかったので、気持ちで押した。新人らしく思い切り腕を振っていこうと思っていた」と、無心で投げ続けた。受け取ったウイニングボールを手に「きょうも両親が観に来てくれているので、両親に送りたいと思います」と、満面の笑みを浮かべた。

DeNA・川村投手コーチ(石田に)「一番は低めにきていたこと。右打者のインコースに制球できていた」

山崎康(27セーブ目。石田との新人リレーに)「ウイニングボールを渡せてホッとした」

嶺井(石田をリード)「どの球種でもストライクを取れた」

試合結果へ

  • プロ初勝利のDeNA・石田(左)と喜ぶDeNA・中畑監督(右)=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 山崎康からウイニングボールを受け取るDeNA・石田=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • DeNA先発・石田=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 中日戦に先発したDeNA・石田=ナゴヤドーム
  • 7回タイムリーヒットを放ったDeNA・筒香を迎える中畑監督=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 7回タイムリーヒットを放ったDeNA・筒香=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 6回タイムリーヒットを放ったDeNA・宮崎=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 9回、リリーフしたDeNA・山崎康=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 7回、勝ち越し打を放った筒香とタッチを交わすDeNA・中畑監督=ナゴヤドーム