2015.8.2 05:04(1/4ページ)

首位陥落の虎に危険な兆候…メッセンジャーと藤浪が夏バテ黄信号

首位陥落の虎に危険な兆候…メッセンジャーと藤浪が夏バテ黄信号

降板後、扇風機の前で風に当たるメッセンジャー。登板間隔を詰めて奮闘してくれているが…(撮影・松永渉平)

降板後、扇風機の前で風に当たるメッセンジャー。登板間隔を詰めて奮闘してくれているが…(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-4ヤクルト、15回戦、阪神9勝6敗、1日、甲子園)首位陥落の虎に危険な兆候…。阪神はヤクルトに敗れ、連勝が4でストップ。巨人に抜かれて2位に落ちた。阪神OBでサンケイスポーツ専属評論家の上田二朗氏(68)は、7回3失点のランディ・メッセンジャー投手(33)の疲労を指摘。前日に序盤KOされた藤浪も含め、首脳陣が異変を察知し、臨機応変に登板させていくよう求めた。

【続きを読む】

  • 三回、畠山(奥)に2ランを浴びたメッセンジャー
  • 前日7月31日の試合で四回途中KOされた藤浪
  • 3回、ヤクルト・畠山和洋に2点本塁打を放たれた阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影安部光翁)
  • 7回、ヤクルト・比屋根渉の打球に手を伸ばす阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 7回、ピンチをしのいだ阪神先発・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 7回、ヤクルト・川端の打球の行方を指さす阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 7回、ヤクルト・比屋根の打球に飛びつく先発の阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 7回、ヤクルト・川端を左飛に抑えた先発の阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 7回、阪神・メッセンジャーに声をかける藤井=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 浮かない表情の先発の阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 8回、4番手で登板した阪神・岩本=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 8回、マウンド上で唇を噛み締めて中西コーチの話を聞く阪神・歳内=甲子園球場(撮影・山田喜貴)