2015.7.31 05:02

巨人・鈴木、高橋由とベンチ裏で相撲「僕が寄り切りますね」

巨人・鈴木、高橋由とベンチ裏で相撲「僕が寄り切りますね」

9回、サヨナラの適時打を打った巨人・鈴木(中央)はガッツポーズ。右は坂本=京セラドーム大阪(撮影・吉澤良太)

9回、サヨナラの適時打を打った巨人・鈴木(中央)はガッツポーズ。右は坂本=京セラドーム大阪(撮影・吉澤良太)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人2x-1DeNA、16回戦、8勝8敗、30日、京セラドーム大阪)「神の足」を持つ男が、バットで決めた! 巨人は30日、DeNA16回戦(京セラドーム)に2-1で、前日29日に続くサヨナラ勝ち。九回に19年目の鈴木尚広外野手(37)が自身初となるサヨナラ打を放った。

 37歳の鈴木は40歳の高橋由と、ある勝負を続けている。ベンチ裏の通路などですれ違う際、突然始まる相撲だ。互いの健在を確かめ合うための“儀式”だといい、「最近は勝てないからって(高橋由が)背後から急に仕掛けてくる。でも、結局は僕が有利な体勢に持ち込んで寄り切りますね」と鈴木。その高橋由は八回に代打で左犠飛。2人のベテランが“土俵際”での強さを支えている。

(紙面から)

  • 8回、犠牲フライを放つ巨人・高橋由=京セラドーム大阪(撮影・安部光翁)
  • 9回、サヨナラ打を放つ巨人・鈴木=京セラドーム大阪(撮影・安部光翁)
  • 8回、先制の犠飛を打つ巨人・高橋由(右)=京セラドーム大阪(撮影・吉澤良太)
  • 9回、サヨナラ適時打を打った巨人・鈴木(中央)は長野(右から2人目)と抱き合って喜ぶ。左は片岡=京セラドーム大阪(撮影・吉澤良太)
  • 9回、サヨナラ適時打を打った巨人・鈴木(右)は長野(同2人目7番)らに胴上げされる=京セラドーム大阪(撮影・吉澤良太)
  • 9回、サヨナラの適時打を打った巨人・鈴木(中央)は仲間にもみくちゃにされる=京セラドーム大阪(撮影・吉澤良太)
  • 9回、サヨナラ適時打を放つ巨人・鈴木=京セラドーム大阪(撮影・春名中)
  • 9回、サヨナラの適時打を打った巨人・鈴木(中央)はガッツポーズ=京セラドーム大阪(撮影・吉澤良太)
  • 9回、さよなら打を放った巨人・鈴木=京セラドーム大阪(撮影・安部光翁)
  • 9回、サヨナラ適時打を放ちナインから手洗い祝福を受ける巨人・鈴木=京セラドーム大阪(撮影・春名中)
  • 9回、サヨナラ適時打を放ちナインから手洗い祝福を受ける巨人・鈴木=京セラドーム大阪(撮影・春名中)