2015.7.25 05:03

山田がキング快走21号2ラン!燕、今季初5連勝で貯金1

山田がキング快走21号2ラン!燕、今季初5連勝で貯金1

21号2ランを放った山田。豪快な花火でチームを5連勝に導いた 

21号2ランを放った山田。豪快な花火でチームを5連勝に導いた 【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト7-5中日、14回戦、ヤクルト8勝6敗、24日、神宮)その瞬間、2万3683人の観衆が神宮の夜空を見上げた。2点リードの五回。山田が勝利を引き寄せる“花火”を打ち上げた。左翼席への21号2ランだ。

 「バットの少し先でしたが、振り抜くことができました。1、2打席目は右方向を意識したけれど、かえって引っかけてしまった。だから、来た球を振るという意識で打席に立ちました」

 神宮ではこの日から、毎年恒例の花火ナイターがスタート。五回終了時に300発の花火が打ち上げられる直前、山田のバットから発射された。21本塁打は2位・畠山に2本差をつけてトップ。「タイトルの話とかね、僕は答えないですよ」。個人成績より一戦必勝の精神で、今季初の5連勝に貢献した。

 今季から二遊間を組む守備の名手、大引と初のアベック弾。山田は2月の春季キャンプ前、三木作戦兼内野守備走塁コーチから「大引の守備を生かすも殺すも、お前次第だぞ」とハッパをかけられ、特訓を重ねた。昨季は13失策したが、今季は3失策。センターラインが強化されたこともチームが好調の要因だ。

 館山の粘投もあって5月5日以来の貯金1。阪神と並んで首位をキープした。真中監督は「山田は本塁打を意識していないと思うけど、いい場面で勝負強い打撃をしてくれる」と信頼を寄せる。燕軍団の快進撃を、23歳の若武者が支える。 (吉村大佑)

試合結果へ

(紙面から)

  • 5回、2点本塁打を放ったヤクルト・山田=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 5回、2点本塁打を放ったヤクルト・山田=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 4回、バットを折りながら右安打を放ったヤクルト・雄平=神宮(撮影・塩浦孝明)
  • 4回、2点本塁打を放ったヤクルト・大引=神宮(撮影・塩浦孝明)
  • 4回、2点本塁打を放ったヤクルト・大引=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 1回、適時打を放ったヤクルト・畠山=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 先発のヤクルト・館山=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 先発のヤクルト・館山=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 6回、二盗に成功するヤクルト・三輪=神宮(撮影・塩浦孝明)
  • 4番手で登板するバーネット=神宮(撮影・塩浦孝明)
  • 中日に競り勝ちハイタッチするヤクルトナイン=神宮(撮影・塩浦孝明)
  • ファンの声援に応えるヤクルト・真中監督=神宮(撮影・塩浦孝明)