2015.7.21 05:03(2/3ページ)

虎よ「いかんかいワーレー!」謙さん叫び届かず…Gにゼロ敗発進

虎よ「いかんかいワーレー!」謙さん叫び届かず…Gにゼロ敗発進

俳優・渡辺謙は熱烈な虎党。今季初観戦で勝利を祈っていたが…

俳優・渡辺謙は熱烈な虎党。今季初観戦で勝利を祈っていたが…【拡大】

 ワーッとあがった歓声は、間もなくため息とともに引いていく。海の日だから? 今季最多4万6854人が詰めかけた後半戦開幕の甲子園。押しては返す虎党のさざ波が、もどかしい。

 「コメントしにくい試合です」

 今季10度目の完封負けで借金「2」。試合終了後、バックネット裏から球場ロビーに戻ってきた男は、手でバツ印を作りながら足早に去った。世界的俳優・渡辺謙だ。熱烈な虎党が今季初観戦。あっけなくやられた内容に、ひと言を絞り出すのがやっとだった。

 実は0-1の七回、ジェット風船を飛ばした直後、自身のツイッターでつぶやいていた。

 「こらっ! そろそろいかんかい、試合終わってまうどワーレー! おっと失礼」(原文まま)

 巨人の先発・マイコラスの前に五回まで得点圏に走者を進められない。7月11日の東京ドームで6回5安打で2点しか奪えなかった右腕に、さらに厳しく封じられた。六回二死一、二塁でマートンは二飛。七回も二死二塁から代打・関本が二直。あと一本が出ない。結局、7回を5安打0点。すべての虎党のもどかしさを代表するかのような、つぶやきだった。

【続きを読む】

  • 渡辺謙が期待した鳥谷だったが三回に一直に倒れてチャンスを広げられず(撮影・白鳥恵)
  • 六回、二飛に倒れる阪神・マット・マートン=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 七回、チャンスに二直に倒れた阪神・関本賢太郎=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 試合を観戦する渡辺謙氏(左は福本豊氏)=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 試合を観戦する渡辺謙氏(左は福本豊氏)=甲子園球場(撮影安部光翁)
  • 渡辺謙(紺色の服に帽子姿)=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 福本豊氏(後方左)と渡辺謙=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 8回、安打を放つ阪神・鳥谷。投手は巨人・山口=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 6回、三振に倒れた阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 3回、井端の打球を捕球後、ベースカバーに上本がういるにもかかわらず自らベースを踏みに行き併殺を取り損ねた阪神・鳥谷(走者は巨人・立岡)=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 2回、安打を放つ阪神・今成=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 3回、安打を放つ阪神・岩田=甲子園球場(撮影・白鳥恵)