2015.7.21 05:05

猛追あと一歩…キヨシDeNA、続投決定初戦に連勝ストップで首位陥落

猛追あと一歩…キヨシDeNA、続投決定初戦に連勝ストップで首位陥落

来季続投が決まった中畑監督だが、後半戦の初戦は飾れずに悔しそうな表情(撮影・中鉢久美子)

来季続投が決まった中畑監督だが、後半戦の初戦は飾れずに悔しそうな表情(撮影・中鉢久美子)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA6-8ヤクルト、16回戦、ヤクルト10勝6敗、20日、横浜)祭りは小休止だ。球団からの要請で事実上の来季続投が決定する中、もくろんでいた後半戦ダッシュとはいかず、中畑監督は唇をかんだ。

 「やっぱり一気に(報道陣が)減ったな。テンションはわかるよ。点の取られ方が、非常にふがいなかった」

 5連勝をかけ、シーズン開幕戦に続いて後半戦初戦も先発した久保が2回7失点。指揮官は「起用した監督采配のミス」とかばったが、エース格の乱調は誤算だった。しかし、最大6点差をつけられながら、8-6まで追い上げたのが昨季までとの違い。4番・筒香は一回の14号2ランなど、今季最多タイの4打点と相変わらずの猛威を振るった。

 15日の巨人戦で死球を受けた右肘は、まだテーピングと痛み止めが欠かせない。主砲は「負けたら意味がない」としながらも、「監督がいつも『最後まであきらめない』と言っている。選手もあきらめなかった。その結果」とうなずいた。

 今季22度目の大入りと、ファンの熱気も高まる。敗戦に希望があるからこそ、中畑監督も「2位でしょ。すごいじゃん。負けたら最下位だと思っていたよ」と明るく振る舞える。「番長の快刀乱麻の投球に期待して、きょうはぐっすり寝ちゃおう!」。21日は、対ヤクルト5連勝中の三浦が先発。次なる祭りの準備は整っている。 (志田健)

試合結果へ

(紙面から)

  • 倉本と話すDeNA・中畑監督=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)
  • サインを送るDeNA・中畑監督=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)
  • 7回、本塁打を放った白崎を出迎えるDeNA・中畑監督=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)
  • 戦況を見守るDeNAベンチの中畑監督ら=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)
  • ベンチのDeNA・中畑監督=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)
  • 投手交代を告げるDeNA・中畑監督=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)
  • リリーフ登板するDeNA・長田=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)
  • リリーフ登板するDeNA・平田=横浜スタジアム(撮影・中鉢久美子)
  • 8回、適時打を放ったDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)
  • 7回、相手のエラーにより三塁へ進んだDeNA・バルディリス(右)=横浜スタジアム(撮影・中鉢久美子)
  • 7回相手のエラーで出塁するDeNA・バルディリス=横浜スタジアム(撮影・中鉢久美子)
  • リリーフ登板するDeNA・平田=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)