2015.7.16 05:01

阪神・加藤、今季初登板もピンチ招き交代「迷惑かけた…」

阪神・加藤、今季初登板もピンチ招き交代「迷惑かけた…」

七回、一死二塁で降板する加藤(右から2人目)

七回、一死二塁で降板する加藤(右から2人目)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神0-3広島、11回戦、広島6勝4敗1分、15日、甲子園)0-1の七回に今季初登板した加藤はピンチを招いて交代。左打者の並ぶ打順で起用されたが、先頭の松山の四球と木村昇の投前犠打で一死二塁に。後を受けた安藤が会沢に左前適時打を浴びて、リードを広げられた。「迷惑をかけてしまった。あそこを抑えれば展開も変わっていたかもしれない」と悔やんだ。

試合結果へ

(紙面から)

  • 救援で登板した阪神・加藤=甲子園球場(撮影・白鳥恵)