2015.7.16 05:05(3/4ページ)

日米11球団が絶賛!関東第一・オコエ、ラモス由来の名前で甲子園目指す/東東京

日米11球団が絶賛!関東第一・オコエ、ラモス由来の名前で甲子園目指す/東東京

五回に2点打を放ったオコエ。怪物ハーフの夏が始まった(撮影・長尾みなみ)

五回に2点打を放ったオコエ。怪物ハーフの夏が始まった(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 建築関係に従事するナイジェリア人の父・ボニーさん(46)と母・早苗さん(44)との間に生まれた。受け継いだ身体能力は自分だけではない。妹の桃仁花(もにか)さん(16)はバスケットボール女子U-16(16歳以下)日本代表候補に選ばれ、「負けられない」と刺激を受けている。8月2日開幕のアジア女子選手権(インドネシア)代表入りを逃した妹の無念を背負い、全国の切符をつかむ。

 他校からのマークは厳しくなり、昨秋から内角攻めに苦しんだ。それでも体重はこの1年で3キロ増。「自分の売り」という50メートル走は0・3秒記録を伸ばし、バランスの良い肉体へ進化した。

 「みんなで目指すところは甲子園。1番打者として、一つでも塁に出ることを心がけたい」

 オコエ瑠偉。名前の由来はサッカー元日本代表のラモス瑠偉氏。サッカーをやらせたかった父の思いとは裏腹に、野球道を突き進む。関東第一の切り込み隊長を務めるオコエが、絶対に負けられない戦いに挑む。 (江坂勇始)

【続きを読む】

  • センターを守った関東第一・オコエ瑠偉=15日、神宮球場(長尾みなみ撮影)