2015.7.13 05:00

初芝橋本、プロ注目の黒瀬が不発もサヨナラ勝ち/和歌山

初芝橋本、プロ注目の黒瀬が不発もサヨナラ勝ち/和歌山

 第97回全国高校野球選手権大会の地方大会は12日、44大会で446試合が行われ、和歌山2回戦で高校通算97発の3年生捕手、黒瀬を擁する初芝橋本が延長十三回、最後は押し出し死球で日高高中津分校に4-3でサヨナラ勝ち。球場には10球団17人のスカウトが集結した。4打数無安打2四死球で、一発が出なかった黒瀬は「初戦で雰囲気に飲まれて自分の打撃ができなかった」と反省。西武・渡辺SDは「遠くに飛ばす力があるのは分かっている」と高評価は変わらなかった。 (紀三井寺)

試合結果へ

(紙面から)