2015.7.9 05:03(3/3ページ)

九国大付が大勝!武白志、父・山本功児氏の前で1発!/福岡

九国大付が大勝!武白志、父・山本功児氏の前で1発!/福岡

父の功児氏は巨人などで活躍。左の好打者として鳴らした

父の功児氏は巨人などで活躍。左の好打者として鳴らした【拡大】

 1メートル88、89キロと恵まれた体は、左打ちの強打者として巨人などで活躍し、引退後はロッテの監督も務めた父・功児氏譲り。若生前監督と父が法大時代の先輩と後輩の関係だったため、同校に進学した。観戦した父は「俺は(武白志に)何も教えてない。ホームランも偶然だよ。グラブとかは買ってやったけど、打ち方だって(自分と違って)右だろ」とそっけなかったが、それも息子のさらなる可能性を信じるからこそだ。

 巨人時代に父の盟友だったDeNA・吉田編成スカウト部長は「右打ちでスケールの大きさを感じるし、いい打ち方をする。何より最初の打席で本塁打というのは持っている証拠だ」と絶賛する。梅雨明けはまだ先だが、ムサシが2年連続の甲子園出場に向けて弾みをつけた。 (赤堀宏幸)

山本 武白志(やまもと・むさし)

 1998(平成10)年2月17日生まれ、17歳。神奈川県出身。森村学園小3年時に軟式野球(元石川サンダーボルト)を始め、山内中時代は硬式の都筑中央ボーイズに所属。九州国際大付では昨夏の甲子園に出場(1回戦敗退)。1メートル88、89キロ。右投げ右打ち。家族は元ロッテ監督の父・功児さんと母。

試合結果へ

(紙面から)

  • 父と7球団のスカウトの前で、山本は左翼に特大アーチを運んだ(撮影・赤堀宏幸)
  • 九州国際大付・山本武白志内野手は、夏の大会初打席で左越えの特大3ランのホームランボールを手にニッコリ(撮影・赤堀宏幸)