2015.7.6 05:02

三振ショー!福岡大大濠・坂本、6回1安打10K/福岡

三振ショー!福岡大大濠・坂本、6回1安打10K/福岡

坂本は「打たせて取る」はずが10奪三振。将来楽しみな左腕だ (撮影・赤堀宏幸)

坂本は「打たせて取る」はずが10奪三振。将来楽しみな左腕だ (撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 第97回全国高校野球選手権大会福岡大会(5日、福岡大大濠10-0朝倉光陽、桧原公園)福岡大大濠のエース左腕、坂本は10奪三振にも反省が先に出た。「三振は狙わず、打たせて取る投球を心がけたけど、球数が多くなってしまって…」と、自ら目標とした投球ができなかった。

 最速139キロの直球を主体にした投球。観戦したロッテ・山森スカウトは「初戦だからか、真っすぐが多かった。左腕で直球の角度があるが、変化球の切れをもっと見たかった」と視察を続ける構えだ。

 玄洋中(福岡市)時代には、軟式野球で九州大会優勝を経験。最後の夏は「誕生日(7月28日)にユニホームを着ていることが目標」。26日に予定される福岡大会の決勝に勝ち、チームを1989年以来26年ぶりの夏の甲子園へと導くことだ。

 「坂本はテンポがよかった。こちらはノーシード。次のシード校、九産大九州に勝てればと思っています」と八木監督は、9日に予定される3回戦を見据えた。 (赤堀宏幸)

坂本 裕哉(さかもと・ゆうや)

 1997(平成9)年7月28日生まれ、17歳。福岡県出身。玄洋小4年で軟式野球を始め、玄洋中では九州大会で優勝投手となった。福岡大大濠では1年秋にベンチ入りし、2年秋から背番号1を背負う。最速は139キロ。1メートル79、75キロ。左投げ左打ち。家族は両親と弟。

試合結果へ

(紙面から)