2015.6.30 21:38

燕・大引が決勝打!移籍後初のお立ち台に「本当に嬉しい」

燕・大引が決勝打!移籍後初のお立ち台に「本当に嬉しい」

つば九郎のキャップを被せられるヤクルト・大引=神宮球場(撮影・塩浦孝明) 

つば九郎のキャップを被せられるヤクルト・大引=神宮球場(撮影・塩浦孝明) 【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト4-3阪神、11回戦、阪神8勝3敗、30日、神宮)左脇腹の肉離れで28日の巨人戦(神宮)から1軍復帰したヤクルト・大引啓次内野手(30)が、勝ち越しの適時打を放つなど2安打3打点の活躍を見せた。チームは連勝で借金を2に減らし、首位阪神に「2」ゲーム差に迫った。

 大引は3-3で迎えた八回、一死満塁の場面で打席に立つと、カウント2-1から福原の145キロ高め真っ直ぐを中前に打ち返す逆転の適時打を放った。大引は1点を追う六回にも、岩田から逆転の右越え2点二塁打を放っていた。

 移籍後初のお立ち台に上がった大引は「気持ちいいいですね。本当に迷惑ばかりかけていたので、こんだけ喜んでもらえて本当に嬉しい」と大喜び。

 六回の逆転打に「回ってきたチャンスだったので、僕でなんとか返してやろうと強い気持ちを持って行きました。福留さんがすごい好守でいつもヒットを阻まれていたので、『捕るな』と思って走ってました」と振り返ると、八回の勝ち越し打には「みんなが作ってくれたチャンスだったし、後ろに雄平が控えているので、僕がダメでも後ろの雄平が打ってくれるなと、気楽に行きました。打球は、いい当たりじゃなかったですけど、野手の間を抜けていく瞬間、鳥肌が立ちました」と満面の笑みを浮かべた。

小川(6回2失点)「全体的に粘り強く投げることはできた」

試合結果へ

  • つば九郎のキャップを被せられるヤクルト・大引=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 阪神に競り勝ちハイタッチするヤクルト・大引ら=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 勝利を喜ぶヤクルト・大引(左)=神宮球場(撮影・矢島康弘)
  • 8回ヤクルト1死満塁、大引が中前に勝ち越し打を放つ=神宮
  • 8回、適時打を放ったヤクルト・大引=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 8回、適時打を放つヤクルト・大引=神宮球場(撮影・安部光翁)
  • 8回、適時打を放つもアウトになるヤクルト・大引=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 6回ヤクルト2死満塁、大引が右翼線に逆転の2点二塁打を放つ=神宮
  • 6回、2点適時二塁打を放ったヤクルト・大引=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
  • 6回、適時2塁打を放つヤクルト・大引=神宮球場(撮影・安部光翁)
  • 6回、適時二塁打を放つヤクルト・大引=神宮球場(撮影・安部光翁)
  • 勝利し喜ぶヤクルト・バーネット=神宮球場(撮影・矢島康弘)