2015.6.21 17:49

阪神・藤浪、5勝目も反省「もう少し長いイニングを投げないと」

阪神・藤浪、5勝目も反省「もう少し長いイニングを投げないと」

ゲーム後に阪神・藤浪と話す福原=甲子園球場(撮影・森田達也)

ゲーム後に阪神・藤浪と話す福原=甲子園球場(撮影・森田達也)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神4-2ヤクルト、10回戦、阪神8勝2敗、21日、甲子園)阪神・藤浪晋太郎投手(21)がヤクルト戦に先発し、プロ最速タイの158キロをマークするなど6回5安打2失点で5勝目(4敗)を挙げた。チームは3連勝で借金を返済した。

 藤浪は一回を3人で終わらせると、二回は、先頭の畠山に対しプロ最速タイの158キロを投じるなど、空振り三振に斬った。1点リードの四回、無死満塁のピンチを招くと森岡の一ゴロの間に失点。さらに一死一、三塁から中村のニゴロの間に失点して、1-2と逆転を許した。

 それでも味方の援護を信じて五回、六回を無失点で切り抜けると、六回の攻撃で福留のソロ本塁打と狩野の右越えの2点二塁打が飛び出し、3点を奪い勝ち越しに成功。藤浪は、この回に代打を送られ降板した。

 6回で115球を投じた藤浪は「悪いなりにゲームを潰さずに投げることは出来ましたが、球数が多くなってしまいました。先発投手としてもう少し長いイニングを投げないといけなかったと思います」と反省した。

呉昇桓(リーグトップの20セーブ目)「いい形で勝てた。(セーブ数は)まだシーズン中なので、自分の中で深い意味はない」

今成(二回の先制打を含む2安打)「得点圏で積極的にいった結果です」

試合結果へ

  • 先発した阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 2回、今成のタイムリーで生還した上本を出迎える阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 投球する阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 投球する阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 投球する阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 1回、ヤクルト・山田を3ゴロに打ち取り笑顔の先発した阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)
  • 先発の阪神・藤浪晋太郎=甲子園球場(撮影安部光翁)
  • 2回、ヤクルト・畠山への阪神・藤浪の投球で表示された158Km=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)
  • 子供とハイタッチをする阪神・狩野=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 九回に登板した阪神・呉昇桓=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 6回、2点適時2塁打を放つ阪神・狩野=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)
  • 6回、本塁打を放つ阪神・福留=甲子園球場(撮影・白鳥恵)