2015.6.19 05:04(4/4ページ)

異様100分独演会!虎・マートン、和田監督らに不満ブチまけ発散

異様100分独演会!虎・マートン、和田監督らに不満ブチまけ発散

2時前にや~っとお開き

2時前にや~っとお開き【拡大】

 全休日の前日17日も甲子園に来て打ち込み、この日は練習開始の2時間前、午前9時前にはグラウンドに出て、ウオーキングなどで汗を流した。格が違うとはいえネルソン・ペレス外野手(27)=BCリーグ石川=の加入で崖っぷち感はいっぱい。相当にストレスはたまっているはずだ。

 野球に対してマジメで真剣。しかし、それはもろ刃の剣だ。「シンプルに基本に戻って、ストライクゾーンを打つ。そんなに簡単なことじゃないんだけど」と和田監督。借金「2」も首位・巨人とは2ゲーム差。リーグ戦再開後の浮上には、マートンの復調が不可欠だ。これでうみを出し切ったと信じたい。 (阿部祐亮)

マートンの今季お騒がせあらかると

 ★審判から警告 4月15日の中日戦(ナゴヤD)で八回、同点に追いつき、なお一死一、三塁で、外角直球へのストライク判定に激高。審判に警告を受けた。最悪の併殺打に倒れ、チームも1-2でサヨナラ負け
 ★試合後に暴言 5月3日の巨人戦(東京D)で4打数無安打に終わり、3-10で完敗。試合後、写真を撮ろうと待ち構えていたカメラマンに「Stupid!(ばか野郎)」と暴言を吐いた
 ★2死球で乱闘騒ぎ 5月31日の西武戦(西武プリンスD)で五回に郭俊麟から2死球目を受けた際、激怒してマウンドに向かって叫び、両軍が飛び出す乱闘騒ぎに。警告試合となった
 ★ベンチでブチ切れ 6月11日のソフトバンク戦(ヤフオクD)に先発出場。チャンスで凡打を繰り返し、八回に代走を送られて交代。ベンチに戻り、怒って帽子を投げつけた。試合は3-5のサヨナラ負け

(紙面から)

  • マートン(左)は和田監督(左から3人目)らを相手に一方的にしゃべり続ける。約1時間が経過してもまだ終わらん(撮影・中島信生)
  • 午後0時15分開演、少し遅れて和田監督(右)も参戦
  • 1時ごろ打撃ゲージ撤収
  • 阪神・マートンと話す和田監督。熱い議論は長々と続く=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 阪神・マートンと話す和田監督。熱い議論は長々と続く=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • ウオーミングアップ中に笑顔を見せる阪神・マートン=甲子園
  • 阪神・マートンと話す和田監督。熱い議論は長々と続く=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 阪神・マートンと話す和田監督。熱い議論は長々と続く=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 阪神・マートンと話す和田監督。通訳を呼び激論を交わす=甲子園球場(撮影・中島信生)