2015.6.16 13:23(1/2ページ)

阪急阪神HD株主総会、株主から岡田彰布氏の再登板を求める意見も

阪急阪神HD株主総会、株主から岡田彰布氏の再登板を求める意見も

阪急阪神ホールディングス株式会社の定時株主総会に向かう株主ら=大阪市北区の梅田芸術劇場(撮影・村本 聡)

阪急阪神ホールディングス株式会社の定時株主総会に向かう株主ら=大阪市北区の梅田芸術劇場(撮影・村本 聡)【拡大】

 阪神タイガースの親会社である阪急阪神ホールディングス(HD)の株主総会が16日、大阪市内の梅田芸術劇場で開かれた。出席した株主から鉄道関連事業などについて質疑応答が続く中、球団についての質問も出た。

 年配の男性から「創立80周年ですが、全然だめですね。お客さんも入っていないと思います。来シーズンは岡田さんを監督にしたらどうかと思うんですが、どうでしょうか」と元監督の岡田彰布氏(57)の再登板を求める意見が出た。

 これに対して球団の取締役を務める阪神電鉄の田中計久常務取締役(59)が回答。

 「現状、前半戦なかなかしんどい試合も多くご心配をおかけしております。現在の和田監督につきましては、昨年クライマックスシリーズを制覇した実績もありますし、今の時点で30勝33敗、首位と2・5ゲーム差、背中も近い。トータルで80試合あります。ぜひともしっかり戦っていきたいと思います。現時点で監督うんぬんは考えておりません」と回答した。

【続きを読む】

  • 阪急阪神ホールディングス株式会社の定時株主総会に向かう株主ら=大阪市北区の梅田芸術劇場(撮影・村本聡)
  • 阪急阪神ホールディングス株式会社の定時株主総会に向かう株主ら=大阪市北区の梅田芸術劇場(撮影・村本聡)