2015.6.16 05:03(2/3ページ)

虎・マートン、来季残留白紙に…球団幹部が“ポストM砲”探しへ

虎・マートン、来季残留白紙に…球団幹部が“ポストM砲”探しへ

7月に渡米することが分かった中村GM。ポストマートン探しがテーマだ

7月に渡米することが分かった中村GM。ポストマートン探しがテーマだ【拡大】

 マートンの来季残留が厳しいことが明らかになった。開幕から63試合経過しても、いまだ本塁打0(打率・248)。中村GMが“ポスト・マートン”探しの旅に出る。

 球団幹部は「外野を守ることができる新外国人の調査を続けている。今季だけではなく、来季も見据えての渡米になる。獲得するとなれば、マートンには見切りをつけることになる」と明かした。

 マートンが打撃不振でもがく中、阪神フロント陣はM砲のケアと同時進行で新外国人のリストアップ作業を進めていた。

 それは今季途中での緊急補強というよりも、来季に向けての調査という意味合いが強いという。当初、5月末までにマートンが必要戦力かどうかの見極めを行っていた。なかなか上向かないため、来季をにらんだ新助っ人砲のリサーチを本格化させることになった。

【続きを読む】

  • 来季残留が白紙であることが分かったマートン。打撃不振が長びき、厳しい立場に追い込まれた