2015.6.11 19:41

ソフトB柳田、左腕に死球受け病院直行…途中交代

ソフトB柳田、左腕に死球受け病院直行…途中交代

1回、死球を受けたソフトバンク・柳田=ヤフオクドーム(撮影・白鳥恵)

1回、死球を受けたソフトバンク・柳田=ヤフオクドーム(撮影・白鳥恵)【拡大】

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(26)が11日、「3番・中堅」で先発出場した阪神戦(ヤフオクD)で死球を受け、途中交代した。試合中に球場を離れ、病院へ直行した。

 0-0の一回一死二塁で迎えた第1打席だった。阪神の先発・岩貞がカウント0-1から投じた2球目、141キロ直球が内角を襲い、左腕を直撃した。苦悶の表情を浮かべてうずくまり、トレーナーに支えられベンチ裏へ。その後、テーピングを施して一塁走者として出場したが、二回裏の攻撃が終わったところで工藤監督が交代を告げた。

 午後7時20分ごろに、タクシーに乗り込み、病院へ向かった。田中トレーナー統括は「痛みはあるが、力は入ると話していた。(骨折しているかどうか)それを確認しに行ってくる」と話した。

 柳田は今季フルイニングでの出場を続け、前日までの59試合で打率・368、39打点、13本塁打という大活躍を見せていただけに、仮に離脱となればチームにとって計り知れない痛手だ。

試合結果へ

  • 先発のソフトバンク・武田=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)
  • 1回、死球を受け、治療を終えたソフトバンク・柳田=ヤフオクドーム(撮影・白鳥恵)
  • 1回、死球を受けベンチで手当てに向かうソフトバンク・柳田=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)
  • 1回に左腕に死球を受けるも試合に出続けるソフトバンク・柳田=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)
  • 1回、死球を受けたソフトバンク・柳田=ヤフオクドーム(撮影・白鳥恵)
  • 1回、死球を受けるソフトバンク・柳田=ヤフオクドーム(撮影・白鳥恵)
  • 先発のソフトバンク・武田翔太=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)
  • 2回を終え、苦しい表情で柳田の交代を告げるソフトバンク・工藤監督=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)
  • 4回、本塁打を放ったソフトバンク・内川=ヤフオクドーム(撮影・白鳥恵)
  • 4回、本塁打を放つソフトバンク・内川=ヤフオクドーム(撮影・白鳥恵)
  • 1回、犠飛を放つソフトバンク・李大浩=ヤフオクドーム(撮影・白鳥恵)