2015.6.8 05:03(2/2ページ)

“神様の代役”虎・狩野、千金タイムリー!「初球からいこうと」

“神様の代役”虎・狩野、千金タイムリー!「初球からいこうと」

6回、タイムリーを放つ代打の阪神・狩野=甲子園球場(撮影・中島信生)

6回、タイムリーを放つ代打の阪神・狩野=甲子園球場(撮影・中島信生)【拡大】

 「能見さんがよく投げていたし、勝ちがついてよかった」。エース左腕をまた援護した。能見が登板した試合での狩野の代打成績は5打数3安打。「能見さんとは普段からよくその話をするんですよ」。相性がいいことは、2人が一番よく分かっている。

 “代打の神様”関本が左脇腹痛で離脱中。狩野には“代役”として期待がかかる。「大事なところで狩野がいく場面が多くなってきたので、そういうところに慣れていかないといけない」。指揮官は今後も勝負どころで打席に送るつもりだ。

 「けが人が多いのでチームプレーで勝たないといけない。残りの交流戦を全部勝てるように、チーム一丸となって戦っていきたい」

 15年目のベテランは出番は限られているが、いつでも準備はできている。チームの勝利のため、これからもその一打にかける。 (白石大地)

試合結果へ

(紙面から)

  • 代打で貴重なタイムリーを放った狩野。関本の“代役”を見事に果たした(撮影・鳥越瑞絵)
  • 6回、タイムリーを放つ代打の阪神・狩野=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 6回、適時打を放つ阪神・狩野=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • お立ち台の阪神・マートンと狩野=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • ヒーローカーに乗りファンに手を振る阪神・狩野=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • お立ち台で見つめ合う阪神・狩野とマートン=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 阪神・狩野の今季代打アットバット