2015.5.28 22:58

阪神、2夜連続サヨナラで球団通算5000勝!福留が押し出し四球選ぶ

阪神、2夜連続サヨナラで球団通算5000勝!福留が押し出し四球選ぶ

11回、サヨナラとなる押し出し四球を選んだ阪神・福留孝介=甲子園球場(撮影・白鳥恵)

11回、サヨナラとなる押し出し四球を選んだ阪神・福留孝介=甲子園球場(撮影・白鳥恵)【拡大】

 (セ・パ交流戦、阪神4x-3楽天=延長十一回、3回戦、阪神3勝、28日、甲子園)阪神は同点の延長十一回、福留孝介外野手(38)が、満塁からサヨナラの押し出し四球を選び、3連勝。2日連続のサヨナラ勝ちで球団通算5000勝を達成した。

 阪神は二死から安打と2四球で満塁とすると、打席には福留。制球の定まらない楽天の5番手・戸村に対しフルカウントから内角低めの球をしっかりと見極め、押し出し四球。27日にサヨナラ本塁打を打ったのとは対照的に一度もバットを振らずに試合を決めた。

 2日連続でお立ち台に立った福留は「(押し出しでのヒーローインタビューは)難しいですね。できれば(他の打者に)決めて欲しかった」と少し照れくさそうに話すと「(隣にいる)荒木に聞いてやってください」と、二死からサヨナラの走者として出塁した後輩にスポットライトを譲った。

荒木(3安打を含む全6打席で出塁)「自分が出塁してクリーンアップに回すことだけ考えていた」

北條(代打でプロ初出場。一邪飛)「体に力が入っていた気がする。当てにいくバッティングだけはしないようにと思っていたので、まだ良かった」

伊藤隼(八回に同点打)「詰まらされたのでいい当たりではなかったが、いい結果になって良かった」

試合結果へ

  • 11回、サヨナラとなる押し出し四球を選ぶ阪神・福留=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 11回、安打を放つ阪神・荒木=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 11回、四球を選ぶ阪神・マートン=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 11回力投する阪神・福原=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)
  • 11回、四球を選ぶ阪神・ゴメス=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 10回、楽天・後藤の邪飛を落球する阪神・小宮山=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 9回、勝ち越しのチャンスに凡打し悔しがる阪神・福留=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 8回阪神2死三塁、伊藤隼が右前に同点打を放つ=甲子園
  • 8回、同点タイムリーを放つ阪神・伊藤隼=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 6回犠飛を放つ阪神・マートン=28日、甲子園球場(撮影・彦野公太朗)
  • 9回、中飛に倒れた阪神・福留=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 7回、満塁のチャンスに一ゴロに倒れた阪神・マートン=甲子園球場(撮影・中島信生)