2015.5.17 16:52

阪神・岩崎、5度目の先発でも今季初白星飾れず「チームに申し訳ない」

阪神・岩崎、5度目の先発でも今季初白星飾れず「チームに申し訳ない」

4回終了後、ベンチで中西コーチと話す阪神・岩崎=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)

4回終了後、ベンチで中西コーチと話す阪神・岩崎=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・リーグ、中日-阪神、12回戦、17日、ナゴヤドーム)阪神・岩崎優投手(23)が先発し、4回3安打3失点で、またも今季初白星を挙げることが出来なかった。

 岩崎は130キロ台後半の真っすぐに変化球を交え、三回まで中日打線を0点に抑える好投を見せた。しかし四回、突然崩れた。3者連続四球で無死満塁のピンチを招くと、一死から福田の三ゴロの間に先制点を奪われた。さらに二死二、三塁からエルナンデスに2点打を浴び、この回3失点。岩崎は五回の攻撃で代打を送られ降板した。

 今季5度目の先発も初勝利を挙げられなかった左腕は「自分から崩れる形のピッチングでゲームを作ることが出来ず、チームに申し訳ないです」と反省した。

岩崎(4回3失点で3敗目)「自分から崩れる形の投球でゲームをつくることができず、申し訳ない」

ゴメス(九回に4月19日以来の本塁打となる3号ソロ)「これからも勝つために戦っていくだけだ」

岩本(2番手で登板し、3失点)「真ん中に集まってしまった」

試合結果へ

  • 4回、ピンチの阪神・岩崎=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 4回、ピンチの阪神・岩崎=ナゴヤドーム(撮影安部光翁)
  • 先発の阪神・岩崎=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 先発の阪神・岩崎=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 先発の阪神・岩崎=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 先発の阪神・岩崎=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)