2015.5.15 21:28

阪神・サンティアゴ、来日初登板初勝利「全力で優勝に貢献する」

阪神・サンティアゴ、来日初登板初勝利「全力で優勝に貢献する」

先発した阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)

先発した阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-2阪神、10回戦、阪神7勝3敗、15日、ナゴヤドーム)阪神の新外国人、マリオ・サンティアゴ投手(30)=前ドジャース3A=が初先発し、7回7安打1失点で来日初登板初勝利を挙げた。チームは3連勝で3位に浮上した。

 サンティアゴは、毎回ランナーを背負いながらも四回まで無失点の粘投。五回、連打で一死一、三塁のピンチを招くと、ルナに右犠飛を許し先制点を奪われた。それでも六回、七回を無失点に切り抜け、八回の攻撃で代打を送られ降板。するとその八回、代打・新井の中前打と代走・大和が二盗を決め、無死二塁のチャンス。続く西岡が右翼へ適時二塁打を放ち同点に追いつくと、二死二、三塁からマートンが右前適時打を放ち2-1と逆転に成功した。

 ヒーローのサンティアゴは「チームが3位に浮上する勝利に貢献できた。日本に呼んでもらって、初先発で初勝利が出来て、チームに貢献できて本当に嬉しいです」と来日初勝利を喜ぶと、「全力で阪神の優勝に貢献できるように頑張ります」と今後の活躍を誓った。

鶴岡(サンティアゴに)「我慢強く投げていた」

阪神・中西投手コーチ(サンティアゴに)「持ち味を出したね。丁寧に投げていた」

試合結果へ

  • 先発した阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 先発した阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 先発した阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 先発した阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 先発の阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 2回、好返球の鳥谷にサムアップする先発の阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 先発した阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 5回、ピンチを迎えた先発の阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 5回、犠飛で先制点を奪われた先発の阪神・サンティアゴ=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)