2015.5.12 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(174)】G山口と同じ変則左腕だった…佐藤宏志氏の今

【球界ここだけの話(174)】

G山口と同じ変則左腕だった…佐藤宏志氏の今

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
佐藤宏志氏

佐藤宏志氏【拡大】

 最後に会ったのは何年前だろうか。5月3日の阪神戦(東京ドーム)のスタンドにとても懐かしい顔を見つけた。

 「きょうは、父兄としてきたんよ。これがうちの息子。ほんまに久しぶりやね」

 巨人の練習中に一塁ベンチの上にひょっこりと姿を現したのは、2000年ドラフト3位で巨人に入団し、6年間プレーした佐藤宏志氏(37)だ。07、08年は楽天にも所属した。

 少年野球の子供たちを連れて、静岡から東京ドームに来場。その顔はすっかりと、いいお父さんになっていた。聞けば、今は中古車販売業に勤しんでいるという。「もう静岡に家も買って、定住しとるんよ」と懐かしい広島弁で教えてくれた。

 球団スタッフの計らいでグラウンドにも降ろしてもらい、お世話になった原監督や元チームメートにあいさつ。亜大の先輩、井端や解説のために来場していた赤星氏(元阪神)とも旧交を温めていた。ベンチでは懐かしいエピソードを大野サブマネジャーが教えてくれた。

 「俺と宏志はジャイアンツ球場でぐっさん(山口)の入団テストを2人で見たんだ。『宏志、あいつはお前よりもいいボールを投げているぞ』ってね。そしたら、あいつ、『僕の方がスピードが出ていますよ』って言い張っていたなぁ」

【続きを読む】

  • 佐藤宏志氏