2015.5.12 05:05(4/4ページ)

超異例!巨人、原沢GMをシーズン序盤に解任…フランシスコ獲得が引き金

超異例!巨人、原沢GMをシーズン序盤に解任…フランシスコ獲得が引き金

新GM兼編成本部長に就任した堤氏=読売巨人軍球団事務所(撮影・納冨康)

新GM兼編成本部長に就任した堤氏=読売巨人軍球団事務所(撮影・納冨康)【拡大】

 熊本の強豪、済々黌(せいせいこう)高から進んだ慶大時代には、野球部主将を務めた。読売新聞では社会部畑を歩み、巨人には通算9年余りにわたって出向。2010、11年と原監督を広報部長として支え、昨年2月までは統括部長兼GM補佐を務めた。大学まで本格的な野球経験があり、編成の実務にも精通しているとあって、再建には最適な人材だ。

 原監督に報告した際には「引き続き、現場とフロントで情報を共有しながら、ちゃんと話し合いをしながらやっていきましょう」と声をかけられたという堤氏。新体制の下、『新成』巨人が日本一奪回に挑む。

ゼネラルマネジャー(GM)

 米大リーグでは特に重要視される役職で、チーム編成や方針の決定などを行う。日本球界では1995年に広岡達朗氏がロッテのGMに就任したのが初めてで、巨人では2011年5月に初めて導入された。初代GMには清武英利球団代表(当時)が就任したが、同年11月の“清武の乱”により解任。その後任に原沢氏が就いた。

堤 辰佳(つつみ・たつよし)

 1965(昭和40)年8月22日生まれ、49歳。熊本県出身。済々黌高から慶大を経て89年読売新聞社入社。社会部主任、同次長、読売巨人軍広報部長、同統括部長兼GM補佐を経て2014年3月から読売新聞東京本社運動部長。

(紙面から)

  • 原沢氏(右)は原監督とともにチーム強化を図ってきたが、志半ばにしてGM職を解かれた
  • 新GMの堤氏は球団旗の前に座って会見し、決意を口にした(撮影・納冨康)
  • 新GM兼編成本部長に就任した堤氏=読売巨人軍球団事務所(撮影・納冨康)
  • 巨人の主な球団首脳陣