2015.5.8 05:02

夏バテ防止の秘策!40歳ロッテ・井口、馬肉で馬力UP

夏バテ防止の秘策!40歳ロッテ・井口、馬肉で馬力UP

 ロッテの井口資仁内野手(40)が7日、馬肉を食べて疲労回復に役立てる秘策を明かした。

 「体調管理の一環として、野球人生で初めての試みです。馬肉は牛肉や豚肉よりも脂肪分が少ないから翌日に残らない」

 長いシーズンを見据え、正念場の夏を迎える前に決意。高タンパク、低カロリーの馬肉に切り替え、体力消耗を抑え、内臓の負担も減らす考えだ。

 東京都内の自宅の冷凍庫には、知人の業者から仕入れた高級馬肉がぎっしり。好物の馬刺しは、タマネギのスライスを巻いてしょうがじょうゆで、またはユッケ風でペロリ。焼き肉はぽん酢で食べると絶品だという。

 さらに、温野菜を積極的に食べるようにした。実家からは両親が家庭菜園で育てた新鮮な野菜も届き、バランスのとれた食生活を送っている。

 「夏バテ防止につながればいい」。打率・282、チーム2位の3本塁打。衰え知らずのベテランが“馬車馬”のごとく活躍する。 (広岡浩二)

(紙面から)