2015.5.5 05:07(1/4ページ)

原巨人、赤っ恥負け…一死満塁インフィールドフライでサヨナラ

原巨人、赤っ恥負け…一死満塁インフィールドフライでサヨナラ

凡フライに思われた小窪の打球だったが、ポトリ。フランシスコ(左)は野間(左から2人目)にタッチをせず、サヨナラ負け。福家球審は右手を挙げたことについて、三走のアウトでなく、インフィールドフライの宣告をしたと説明した (撮影・大橋純人)

凡フライに思われた小窪の打球だったが、ポトリ。フランシスコ(左)は野間(左から2人目)にタッチをせず、サヨナラ負け。福家球審は右手を挙げたことについて、三走のアウトでなく、インフィールドフライの宣告をしたと説明した (撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、広島3×-2巨人、6回戦、巨人3勝3敗、4日、マツダ)まさか、まさかのお粗末プレーで連勝ストップ!! 巨人は4日、広島6回戦(マツダ)の九回の守りで、一死満塁から広島の代打、小窪哲也内野手(30)が放ったインフィールドフライを村田修一内野手(34)らが“お見合い”して捕球できなかった上、新加入のホアン・フランシスコ内野手(27)=前レイズ=が三塁走者へのタッチプレーを怠り、2-3でサヨナラ負けを喫した。原辰徳監督(56)の猛抗議も実らず、連勝は3で止まった。

【続きを読む】

  • 広島・小窪が打ち上げ、塁審がアウト宣告
  • 巨人・村田らが追うもポトリ
  • 拾った巨人・フランシスコが本塁踏む
  • 広島が抗議し球審がセーフ
  • 巨人・原監督抗議中にお立ち台用意する広島
  • サヨナラ負けでベンチに引き上げる巨人・フランシスコ(中央)=マツダスタジアム(撮影・吉澤良太)
  • 9回、納得のいかない巨人・原監督(中央)は審判団に猛抗議=マツダスタジアム(撮影・吉澤良太)
  • 1回広島・丸を中飛にうちとりグラブを叩く巨人・田口=マツダスタジアム(撮影・吉澤良太)
  • 3回、二塁打を放つ巨人・アンダーソン=マツダスタジアム(撮影・吉澤良太)
  • 7回、同点のソロ本塁打を放った実松(左)を出迎える巨人ナイン=マツダスタジアム(撮影・吉澤良太)
  • 1回、適時打を放つ巨人・アンダーソン=マツダスタジアム(撮影・永田直也)
  • 6回、広島・梵に勝ち越しの適時打を浴びた巨人先発・田口(左)は痛恨の表情=マツダスタジアム(撮影・吉澤良太)