2015.4.27 05:05(3/4ページ)

圧巻の無四球完封!虎“マツダの鬼”能見が最下位転落危機救った

圧巻の無四球完封!虎“マツダの鬼”能見が最下位転落危機救った

先発の阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)

先発の阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)【拡大】

 ジョキ、ジョキ-。

 心地いい響き。リビングでハサミを扱う愛妻を見る度に表情が緩む。子煩悩な3児の父が密かに抱く夢がある。

 「子ども(長女が小学1年)がもっと大きくなったときにわかるように、子ども部屋に本棚を置いて、スクラップを並べたくてね…」

 登板翌日に千江子夫人が新聞を買いに行くのが、能見家の習慣。1、2軍を行き来していた頃から続いている。最初は小さかった記事は、徐々に大きくなっていった。

 「サンスポは写真が大きいときがあるから、嫁が貼りにくくて大変、って言ってたよ」

 愛妻の“嬉しい悲鳴”に目を細める日々。A4サイズのノートは、もう50冊を超えた。「スクラップが追いつかないみたい」。我が子の成長とともに、白紙を埋める己の歴史。この日、また華々しい1ページを彩った。

 チームも、今季24試合目で初めて3点差以上をつける快勝。和田監督は「乗り切れない中で、投手が完封して点を取ってね。こういう勝ち方は今までなかった。きっかけにしたい」と決意表明した。27日も異例の全体練習を行い、一枚岩となって再加速する。

【続きを読む】

  • 圧巻の無四球完封!!真っ赤な敵地で、能見の左腕がうなりをあげた(撮影・安部光翁)
  • 完全アウェーの中、熱い声援を送ってくれた虎党に挨拶する能見
  • 先発した阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • 先発した阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • 完封勝利の阪神・能見は藤井とタッチ=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)
  • 広島相手に完封勝利した阪神・能見。右は捕手・藤井=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • 広島相手に完封勝利し、和田監督の出迎えを受ける阪神・能見(左)=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • ヒーローインタビューの阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・森田達也)
  • 広島相手に完封勝利し、ヒーローインタビューを受ける阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • 6回、バントヒットを決める阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・森田達也)
  • 9回、安打を放つ阪神・福留=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • 6回、二塁打を放つ阪神・福留=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)