2015.4.27 05:05(2/4ページ)

圧巻の無四球完封!虎“マツダの鬼”能見が最下位転落危機救った

圧巻の無四球完封!虎“マツダの鬼”能見が最下位転落危機救った

完全アウェーの中、熱い声援を送ってくれた虎党に挨拶する能見

完全アウェーの中、熱い声援を送ってくれた虎党に挨拶する能見【拡大】

 西日が差し込む中、最後までマウンドを守り抜いた。ゲームセットの瞬間、代名詞のポーカーフェースをようやく崩した。「マツダの鬼」は今年も健在。能見が赤ヘルを散発6安打に抑え、今季のチーム初完封だ。

 「一人一人だったんで逃げずに、攻める気持ちをしっかり持つようにしています。いい結果が出てよかったです」

 負ければ最下位転落の危機を救う2勝目は、自身3度目となる無四球完封。文句なしの110球に、声が弾んだ。

 左打者にスライダー、右打者にはチェンジアップを効果的に駆使。唯一得点圏に走者を背負った五回一死二塁では強気の姿勢を貫いた。梵を内角球で遊飛。代打・会沢には145キロをひざ元に投げ込み、見逃し三振だ。

 バットを持っても、1点を先制した六回、なお一死一、二塁で、絶妙バント。お手本のようなゴロを三塁前に転がすと、内野安打となり、一挙6得点を誘発した。

 「前回のいいイメージのままで結果が出た」

 2連敗スタートも、中10日で臨んだ18日の巨人戦(甲子園)で初勝利。今回も中7日の間隔で、走り込んで体のキレを作った。自身が花開いた2009年に開場したマツダスタジアムでは通算15試合で10勝目(4敗)。防御率1・54と、敵地はもはや“庭”となった。

【続きを読む】

  • 圧巻の無四球完封!!真っ赤な敵地で、能見の左腕がうなりをあげた(撮影・安部光翁)
  • 先発の阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)
  • 先発した阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • 先発した阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • 完封勝利の阪神・能見は藤井とタッチ=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)
  • 広島相手に完封勝利した阪神・能見。右は捕手・藤井=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • 広島相手に完封勝利し、和田監督の出迎えを受ける阪神・能見(左)=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • ヒーローインタビューの阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・森田達也)
  • 広島相手に完封勝利し、ヒーローインタビューを受ける阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • 6回、バントヒットを決める阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・森田達也)
  • 9回、安打を放つ阪神・福留=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)
  • 6回、二塁打を放つ阪神・福留=マツダスタジアム(撮影・白鳥恵)