2015.4.25 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(157)】虎・呉昇桓ニヤニヤ熱愛報告…李大浩「マスコミに言いたくて仕方がなかった」

【球界ここだけの話(157)】

虎・呉昇桓ニヤニヤ熱愛報告…李大浩「マスコミに言いたくて仕方がなかった」

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
球場で一緒になると談笑する阪神・呉昇桓(左)とソフトバンク・李大浩。まさかの熱愛報告に李大浩もびっくりだった

球場で一緒になると談笑する阪神・呉昇桓(左)とソフトバンク・李大浩。まさかの熱愛報告に李大浩もびっくりだった【拡大】

 石にかじりついてでも、知りたかった。ソフトバンクの李大浩(イ・デホ)内野手(32)が、同い年で韓国時代から親友の呉昇桓(オ・スンファン)投手(32)=阪神=の熱愛を聞き出したのは実は、今年3月4日のことだった。

 その日、ソフトバンクはオープン戦で甲子園球場を訪れていた。朝方の雨で試合前練習は両チームともに室内練習場となり、先に練習を行っていた阪神と少しだけ時間が重なった。アップ前、人工芝に腰を下ろしてくつろいでいた韓流大砲に、練習を終えた韓流クローザーが近づく…。1月下旬にお互いに来日して以来、久々となった再会で、呉昇桓は李大浩に対し、こう切り出したのだ。

 「実は、有名な人と付き合っているんだ」

 石直球を誇る男だが、いきなり名は明かさず変化球から入った。そして、石仏と呼ばれた男なのにニヤニヤしている。李大浩と、そばにいた鄭昌龍(ジョン・チャンヨン)通訳はぶったまげた。

 「なんだって!? 誰だ、誰なんだ! 教えろ!」

 巨体を揺らし、詰め寄った。胸を小突いたりし、押し問答が行われた。石の上にも3年というが、石仏には3分ほど迫っただろうか。忍耐強く問いただした李大浩に根負けし、呉昇桓はついに白状した。

 「少女時代のユリだ」

【続きを読む】

  • 呉昇桓との真剣交際が発覚した少女時代のユリ。美脚がまぶしい
  • 少女時代(左から)ソヒョン、サニー、テヨン、ティファニー、ユナ、ジェシカ、ユリ、ヒョヨン、スヨン