2015.4.19 05:03(1/2ページ)

“呉”めんね6S!トンネル&ポロリに虎党ヒヤヒヤ「スンファン劇場」

“呉”めんね6S!トンネル&ポロリに虎党ヒヤヒヤ「スンファン劇場」

井端のバントを落球する呉昇桓。ヒヤヒヤのセーブだった(撮影・岡田亮二)

井端のバントを落球する呉昇桓。ヒヤヒヤのセーブだった(撮影・岡田亮二)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-1巨人、5回戦、巨人3勝2敗、18日、甲子園)勝ったから、ジョーク交じりに思い返せる。それでも、“その瞬間”は冷や汗たらたらものだった。マウンド上で無表情なことから「石仏」と呼ばれる男が苦笑いを連発した。呉昇桓(オ・スンファン)が後逸にポロリまで…。試合後は猛省するしかなかった。

 「自分がばかなことをした。失敗した。それだけです」

 出番は1点を守る九回。先頭は4番の坂本だった。出塁を許せば、緊迫する局面。初球の外角スライダーを打たせた。ボテボテのゴロが投前に転がった。本人もラッキー! と、心の中で叫んだはず。しかし…。前進しながら、腰を落とした守護神のグラブの下をすり抜けた。まさかの投失。グラウンドは一気に緊張ムードで包まれた。

 だが、これだけでは終わらない。続く井端の打席。犠打を試みたベテランにインハイの真っすぐを投げ込み、狙い通りの小飛球に。猛然とダッシュし、胸の位置付近でキャッチしようした。傍目には平凡なフライに映った。ところが、今度はグラブで弾いてしまった。

【続きを読む】

関連

  • 坂本の打球をトンネルする呉昇桓
  • 1点リードを守りきり、胸をなで下ろした
  • 9回、坂本の打球をエラーする阪神・呉昇桓=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 9回、巨人・坂本の打球をエラーした阪神・呉昇桓=甲子園球場(撮影・吉澤良太)
  • 9回、阪神抑えの呉昇桓=甲子園球場(撮影・吉澤良太)
  • ナインを迎える阪神・呉昇桓=甲子園球場(撮影・安部光翁)