2015.4.19 05:01

阪神・鳥谷、1年ぶり犠打に納得の表情「サインです」

阪神・鳥谷、1年ぶり犠打に納得の表情「サインです」

巨人戦の6回、犠打を決める阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・吉澤良太)

巨人戦の6回、犠打を決める阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・吉澤良太)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-1巨人、5回戦、巨人3勝2敗、18日、甲子園)ゴメスの決勝打を演出したのは、鳥谷のバントだ。1-1の六回、先頭の西岡が四球で出塁。鳥谷は、初球のスライダーを投前に。田口のダッシュが遅れた。「サインです。点につながってよかった」。昨年3月29日の巨人戦(東京D)以来となる犠打を決めて納得の表情だ。和田監督は「きょうの展開では1点勝負かな、と。1点を取りにいきました」と話した。

データBOX

 鳥谷の犠打は昨年3月29日の巨人戦(東京D)以来、通算47度目。2013、14年は各1度ずつ送りバントを試みて2度とも成功している。送りバントの企図数は通算63度、53成功(10失敗)、成功率・841。

試合結果へ

(紙面から)

関連

  • 6回、バントを決める阪神・鳥谷。投手は巨人・田口=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 4回、内野安打を放つ阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 4回、内野安打を放つ阪神・鳥谷。投手は巨人・田口=甲子園球場(撮影・安部光翁)