2015.4.19 05:06(3/4ページ)

早実・清宮ジュニア衝撃1号に燕・真中監督ら「化け物」「もう驚かない」/春季都大会

早実・清宮ジュニア衝撃1号に燕・真中監督ら「化け物」「もう驚かない」/春季都大会

清宮見たさにスタンドは超満員。新・怪物伝説は始まったばかりだ(撮影・高橋朋彦)

清宮見たさにスタンドは超満員。新・怪物伝説は始まったばかりだ(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 1メートル84、97キロの恵まれた体で“和製ベーブ・ルース”の異名を持つが、実は周到な準備を欠かさない。学校で打撃練習ができない試合日は、自宅地下室で1時間の打撃練習後に出陣する。早大ラグビー部で活躍した父・克幸氏が投げる球をひたすら打つのだ。

 この日、5600人収容のスタンドは満員。複数のプロのスカウトに加え、報道陣約50人が集結した。試合は敗れたものの、注目され、相手からも徹底マークされる中での衝撃弾。15歳の“新・怪物”に周囲もくぎ付けだ。

 乱打戦の末のコールド負けに首をかしげた和泉実監督(53)も清宮については「前の打席(右飛)を見て、『合ってるよ』といってやったんですが、(本塁打は)おみごと。1試合ごとに落ち着きが出ている」と絶賛した。

【続きを読む】

関連

  • 清宮が五回に待望の高校初アーチ。打球は一直線に中堅フェンスを越えた(撮影・高橋朋彦)
  • スタンドには父・克幸さん(右)と母・幸世さんの姿も。愛息の一発にもチームが負けてノーコメント
  • 試合後、インタビューに答える早実・清宮=神宮第二(撮影・高橋朋彦)
  • 5回、中越えに逆転の1号3ランを放った早実・清宮=神宮第二(撮影・高橋朋彦)
  • 5回、3ランを放ち、笑顔の早実・清宮=神宮第二(撮影・高橋朋彦)
  • 主な高校生の通算本塁打