2015.4.18 18:46(1/2ページ)

【巨人戦後一問一答】阪神・和田監督「能見にとってもチームにとっても大きい」

【巨人戦後一問一答】

阪神・和田監督「能見にとってもチームにとっても大きい」

メンバー表を持つ阪神・和田監督=甲子園球場(撮影・岡田亮二)

メンバー表を持つ阪神・和田監督=甲子園球場(撮影・岡田亮二)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-1巨人、5回戦、巨人3勝2敗、18日、甲子園)

 --しびれる展開

 阪神・和田監督「最後、苦しかった。バタバタした、でしたね」

 --能見が初勝利

 「乗り切れないところがあったから藤井にかぶらせました。いいコンビで配球も研究しながら、(藤井は)いいリードをしてくれた。(能見は)初回からしっかり腕が振れていた。五回は投手に打たれたりしたが、粘り強く投げてくれました」

 --けん制も大きかった

 「大きかったですね」

 --福原、呉昇桓が1点を守った

 「開幕から安定している。そこまでどうつなぐか。とにかく能見が7回まで投げてくれたので、能見にとってもチームにとっても大きい」

 --ゴメスが2打点

 「初回いい形で先制できたんで、早いうちに点をとりたかったんですが、追いつかれましたんで。六回のチャンスで(田口に)タイミングがとれていたので、何とか得点圏に進めてゴメスという形をとりたかった。期待に応えてくれた」

 --残塁が多かった

 「六回、ひっくり返した後、毎回チャンスがあったんですが、あそこで点がとれないのが苦しいところ。もう一皮、殻を破るというか、そうなればチームも乗ってくるところなんでしょうけど。今は我慢のとき」

【続きを読む】

関連

  • ヒーローインタビューの阪神・ゴメスと能見=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • カメラのレンズにサインする阪神・能見=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • お立ち台で笑顔の阪神・能見とゴメス=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 声援に応える阪神・ゴメス=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 1回、ゴメスの適時打で上本(右4番)が生還し阪神が先制。出迎える阪神・和田監督(中央)=甲子園球場(撮影・吉澤良太)
  • 6回、ゴメスの適時打でホームインした西岡を迎える阪神・和田監督=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 子供たちとハイタッチする阪神・能見=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 阪神・ゴメスは子供達とハイタッチ=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 6回、勝ち越しタイムリーを放った阪神・ゴメス=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 6回、ゴメスのタイムリーで勝ち越しの生還をした阪神・西岡=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 巨人戦の6回、犠打を決める阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・吉澤良太)
  • 8回、巨人・橋本の打球をキャッチする阪神・福原=甲子園球場(撮影・安部光翁)