2015.4.15 05:01

阪神・狩野、同点劇おぜん立て!代打打率は驚異の・571

阪神・狩野、同点劇おぜん立て!代打打率は驚異の・571

八回先頭で代打・狩野が左前打。同点劇の口火を切った

八回先頭で代打・狩野が左前打。同点劇の口火を切った【拡大】

 (セ・リーグ、中日3x-2阪神、4回戦、阪神3勝1敗、14日、ナゴヤドーム)八回の同点劇をおぜん立てしたのは、先頭で代打出場した狩野だ。バルデスの直球を左前に運び、けん制悪送球で三塁へ。この後、代走の俊介が一時同点となるホームを踏んだ。

 「スコアラーや打席に入った方から(配球などを)聞いてバッターボックスに立ちました。僕は守る人ではないので、それ(打撃)だけに集中してやれている」

 サヨナラ負けで笑顔はなかったが、代打での打率は驚異の・571(7打数4安打)。32歳のベテランも勝負強さを発揮している。

試合結果へ

(紙面から)

関連

  • 8回、1塁へ牽制悪送球で阪神・狩野は3塁へ=ナゴヤドーム(撮影・安部光翁)
  • 8回、けん制球がそれる間に進塁する阪神・狩野=ナゴヤドーム(撮影・白鳥恵)
  • 8回、安打を放つ阪神・狩野=ナゴヤドーム(撮影・白鳥恵)