2015.4.14 05:02

巨人・杉内、キャリア後半は『制球と変化球』斎藤投手Cのすすめ

巨人・杉内、キャリア後半は『制球と変化球』斎藤投手Cのすすめ

明るい表情でももを上げる杉内 (撮影・吉澤良太)

明るい表情でももを上げる杉内 (撮影・吉澤良太)【拡大】

 巨人・杉内俊哉投手(34)が13日、川崎市のジャイアンツ球場で行われた投手練習に参加した。先発予定の14日のDeNA戦(横浜)へ向け、室内練習場でキャッチボールなどで汗を流し、「普通に頑張ります」と今季初勝利へ意気込んだ。

 春季キャンプで練習したカーブなどの変化球を試合ではあまり投げていない左腕に、斎藤投手コーチは「変化しないといけない時期に来ている。槙原(寛己)さんも若い頃は球がすごい速かったけど、(キャリアの)後半は制球力をつけて、スライダーを投げて勝った」と、投球の幅を広げることをすすめた。

(紙面から)

関連

  • 笑顔でキャッチボールをする巨人・杉内=ジャイアンツ球場(撮影・吉澤良太)
  • 笑顔でキャッチボールをする巨人・杉内=ジャイアンツ球場(撮影・吉澤良太)