2015.4.11 15:21

阪神・福留、黒田撃ちの同点ソロ「スタンドまで届いてくれた」

2回、本塁打を放つ阪神・福留=甲子園球場(撮影・白鳥恵)

2回、本塁打を放つ阪神・福留=甲子園球場(撮影・白鳥恵)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神-広島、1回戦、11日、甲子園)阪神は1点を追う二回、福留孝介外野手(37)が3号ソロを放ち、同点に追いついた。

 “元メジャーリーガー対決”に福留が燃えた。1点を追う二回、一死走者無しで打席に立つと、広島の先発・黒田が投じた7球目、内角の変化球を完ぺきにとらえ、右翼ポール際へソロ。中日時代に112打数37安打、4本塁打と得意にしていた黒田から貴重な一発となった。福留は「ストライクゾーンに来たら積極的に打ちにいこうという思いで打席に入りました。きょうはたまたま、いつもとは違うライト方向への風があったので、なんとかスタンドまで届いてくれました」と一打を振り返った。四回一死二塁の勝ち越しのチャンスでは遊ゴロに倒れたが、これで今季早くも3号だ。

試合結果へ