2015.4.9 05:00

阪神D2・石崎、方程式外れる「引きずることなくやろうと…」

4番手で登板した阪神・石崎=甲子園球場(撮影・安部光翁)

4番手で登板した阪神・石崎=甲子園球場(撮影・安部光翁)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-6DeNA、2回戦、DeNA2勝、8日、甲子園)阪神D2位・石崎剛投手(新日鉄住金鹿島)が勝利の方程式から外れることになった。3点ビハインドの七回二死から甲子園初登板を果たしたが、1回1/3を3安打2失点と打ち込まれた。2戦連続失点となり、中西投手コーチは「ストライク、ボールがはっきりしている。1回、楽なところで投げさせる」と配置転換の考えを明かした。右腕は「前の結果がふがいない投球だったので、引きずることなくやろうと思ったんですが…」と悔やんだ。

試合結果へ

(紙面から)