2015.4.7 05:04(2/3ページ)

どしゃ降りノック!原巨人、ナイン志願で休日返上のナイター練習

突然の大雨に、一時避難する巨人・高橋由(中央)と長野=マツダスタジアム (撮影・大橋純人)

突然の大雨に、一時避難する巨人・高橋由(中央)と長野=マツダスタジアム (撮影・大橋純人)【拡大】

 グラウンドから引き揚げた40歳の高橋由のユニホームから、水がしたたり落ちる。長野、亀井ら全外野手が参加しての異例といえるナイター練習。大雨が降る広島で高橋由は収穫を口にした。

 「外もやっていないし、久しぶりだったからね。ナイターは慣れだけど雨は見にくい。(マツダは)照明が目に入る。気をつけないといけない」

 7日からの広島との3連戦は今季初となる屋外でのナイター。開幕3カードを終え、4勝5敗。5位からの浮上を目指し、最下位・広島との今季初対戦だ。この日の自主練習に原監督の姿はなかったが、「すべて選手からの要望。きょうのメンバーもあくまで自主的」と川相ヘッドコーチが語るように、ナインの危機感の表れだった。

 通常は、6連戦を終えた後の月曜日は一部先発投手だけが練習する。ところが、本来は休養日の予定を変更し、阿部、坂本らを除く大半の選手が敵地に集まり、汗を流した。試合開始時間の午後6時になると、外野陣はグラウンドへ。ノックを始めた途端に雨が降り始めたものの、約20分間、白球を追いかけた。

【続きを読む】