2015.4.5 05:03(1/2ページ)

心配いらん!阪神・マートン、意地のGポレダ撃ち3打点

四回、左前へ適時打を放ったマートン。反撃のノロシとなったが…(撮影・白鳥恵)

四回、左前へ適時打を放ったマートン。反撃のノロシとなったが…(撮影・白鳥恵)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人9-5阪神、2回戦、1勝1敗、4日、東京ドーム)虎の安打製造機に正確性が戻った。敗戦の中で光るマルチ安打。阪神・マートンが意地の3打点で気を吐いた。

 「常にボールに対して一直線にいって、真っすぐに振り遅れないようにしたいと思っている」

 3点をリードされた直後だ。四回二死三塁から内角低めの145キロの直球をとらえた。鋭い打球が三遊間を抜けて左前適時打。12打席ぶりにHマークを灯すとともに、5試合ぶりの打点を挙げた。トンネルを抜け出すとエンジン全開だ。六回には一死二、三塁から今度は144キロの直球を逆らわず右方向へ。同点となる右翼フェンス直撃の2点二塁打を放った。

【続きを読む】