2015.4.3 22:29(1/2ページ)

【阪神・和田監督、巨人戦後一問一答】反省点の多い試合だった

6回、梅野(手前)を心配そうに見つめる阪神・和田監督=東京ドーム(撮影・大橋純人)

6回、梅野(手前)を心配そうに見つめる阪神・和田監督=東京ドーム(撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人2-4阪神、1回戦、阪神1勝、3日、東京ドーム)

 --初の伝統の一戦

 和田監督「3点とった後、試合が重くなりかけたが、八回、もう1点追加点がほしかった。勝ちには勝ったけど、反省点の多い試合だった」

 --梅野の2適時打は

 「特に1本目の適時打は好機だったから、0点だったら、流れが変わるところだった。よく打ってくれた」

 --2本目は

 「1点差では、(イニングが)後ろにいけばいくほど、きつくなってくるので、追加点がとれてよかった」

 --欲をいえばスクイズが決まれば

 「成功しなくても、何とかファウルにできるようにしてほしい」

 --メッセンジャーは

 「本来の調子じゃなかったかもしれないが、走者を背負いながら辛抱強く投げてくれた。きょうは梅野もいろんな球種、高低を使いながら、必死になってリードしてくれた」

 --カード初戦をとった

 「もちろん初戦は大事だが、1戦1戦。明日もまたいい試合をしたい」

 --攻撃のおぜん立てはできているが

 「きょうは作戦的なところで成功しなかった。バント失敗もあったし。最終的には進めることができたけど、1発で決めるのを徹底してやっていかないといけない」

 --梅野はいいきっかけにしてほしい

 「あれを自分でこれだ、と思ってくれるといいんだけど、次の日になると、また戻ってしまうからね。ただ、きょうの2本は京セラドームのときのような当たり。あの感触を覚えて。あれができると梅野のいいところ、引っ張ってというところも出てくる。練習では形、内容はよくなっているから、いかに試合でできるか。打席に入るとどうしても気持ちが入って、引っ張りに入ってしまうから。きょうみたいな打撃をしてくると率も上がってくるし、勝負強くなってくるんじゃないかな」

【続きを読む】

関連

  • 8回、梅野の適時打で生還した福留(右8番)を出迎える阪神・和田監督=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 巨人相手に勝利し、ナインを迎える阪神・和田監督ら=東京ドーム(撮影・白鳥恵)
  • 4回、適時二塁打を放つ阪神・梅野=東京ドーム(撮影・白鳥恵)
  • 8回、右越えに適時二塁打を放つ阪神・梅野=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 最後を締めた呉昇桓とタッチを交わす阪神・梅野=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 1回、安打を放つ阪神・西岡=東京ドーム(撮影・中島信生)
  • 先発の阪神・メッセンジャー=東京ドーム(撮影・中島信生)
  • 2回、適時打を放つ阪神・福留=東京ドーム(撮影・白鳥恵)
  • 9回、安打を放つ阪神・鳥谷=東京ドーム(撮影・白鳥恵)
  • 和田監督に迎えられる阪神・西岡=東京ドーム(撮影・中島信生)
  • 8回を三者凡退に斬りガッツポーズする阪神・メッセンジャー=東京ドーム(撮影・中島信生)