2015.3.30 05:00(1/3ページ)

【虎のソナタ】脱インケツ!!虎の強さ本物や

福留の日米通算250号を祝福する虎ファン。開幕3連勝に早くも優勝ムードだ

福留の日米通算250号を祝福する虎ファン。開幕3連勝に早くも優勝ムードだ【拡大】

 よっしゃ!! これでもう7年ぶりの開幕3連勝は決定や!!

 四回に4点を奪い、五回に5点を追加して編集局内にそんなムードが漂ったとき、当番デスク(CD)の澄田垂穂だけは1人、ムスッとしておりました。

 「まだまだ。まだ4イニングある。油断したらアカン。ここから脇を締めていかないと」

 以前にも紹介しましたが、この春、澄田はとんでもないインケツぶりでした。2月21日のDeNA戦(宜野湾)に5-7で敗れたのを皮切りに、CDの日の阪神のオープン戦成績は4敗1分け。CDは5人の輪番制なのに、トータルで6敗(8勝2分け)のうち3分の2の黒星を1人で背負い込んでいたのです。

 「それだけじゃありません。トラ番の取材の応援でキャンプに行ったときの練習試合も1敗2分け。今年1度も勝ってないんですから」

 九回、2点差に追い上げられてなお二死満塁の場面では、「ここで逆転されたら、本当に俺のせいだ。CDを引退しよう」と決意していたくらいなのです。

【続きを読む】