2015.3.23 05:01

阪神・西岡、打撃上々3戦連続H「いい感じでした」

七回、右中間へ二塁打を放った西岡。3試合連続安打でなんとか間に合わせた形だ

七回、右中間へ二塁打を放った西岡。3試合連続安打でなんとか間に合わせた形だ【拡大】

 オープン戦(22日、オリックス3-0阪神、京セラドーム大阪)ライナーがあっという間に外野を破った。内容も右肩上がり。最後のオープン戦で、阪神・西岡が存在感を増した。

 「昨日から状態は上がっていると思う。いい状態で開幕を迎えられるように準備したいです」

 七回一死。チーム初安打は打って欲しい打者から。東明のツーシーム。真ん中の失投だが、左打席で完ぺきに仕留めた。ミスショットが目立った1週間前との違いを証明する右中間二塁打だ。

 「この3連戦はいい感じでした」

 オープン戦は、オフに手術を受けた右肘の張りによる欠場もあった。結局、打率・152だが、最後の3連戦は毎試合安打を放った。一回にも右打席で左翼後方へ快音。結果は左飛も、両打席とも感覚は上々だ。ただ、反省もあり。二塁打の後、けん制死で頭を抱えた。

 平田ヘッドコーチは「コーチを含めて気をつけないと」と注意を呼びかけた。チーム全体に影響を及ぼす立場だけに、いただけないミス。打撃の状態を上げるのは当然。細かい戒めも行って開幕へ向かう。

 西岡は「納得は開幕して、よければ。(オープン戦は)結果が出なかった。開幕しても結果が出なかったら調整失敗」と冷静に話した。本番直前の加速で、まずはひと安心。求められる役割はもっと上だ。 (安藤理)

試合結果へ

OP戦日程へ

(紙面から)