2015.3.19 05:02

阪神・西岡、復帰2戦目でH「休む前よりも、よくなっています」

復帰2試合目で、四回に9打席ぶりの安打を放った西岡

復帰2試合目で、四回に9打席ぶりの安打を放った西岡【拡大】

 練習試合(18日、阪神1-6ヤクルト、神宮)右肘の違和感を訴えて一時離脱していた阪神・西岡が、復帰2戦目で「H」ランプを灯した。

 「(故障で)休む前よりも、よくなっています。打席に立っていくだけです」

 和田監督の開幕構想でもある「3番・三塁」に座り、1点リードの四回先頭で石山の変化球を右前打。10日の広島戦(甲子園)以来、出場3試合&9打席ぶりの安打に、手応えをにじませた。

 昨年11月に手術を受けた右肘の違和感が守備だけではなく打撃にも響き、オープン戦打率は・105と低迷。前日17日のDeNA戦で4試合ぶりに復帰も、4打数無安打だった。指揮官は「変化球にも対応できている。第1打席、第2打席と数をこなすたびによくなっている」と、今後の巻き返しに期待していた。

OP戦日程へ

(紙面から)