2015.3.17 05:05(1/4ページ)

超速150キロ!阪神・サンティアゴ、“魔球”ハードシンカー斬りや

第5の助っ人ではもったいない!? 魔球も操るサンティアゴが、力強く入団会見を行った(撮影・中島信生)

第5の助っ人ではもったいない!? 魔球も操るサンティアゴが、力強く入団会見を行った(撮影・中島信生)【拡大】

 阪神は16日、5番目の外国人としてマリオ・サンティアゴ投手(30)=前ドジャース傘下マイナー=と正式契約した。西宮市内の球団事務所で会見した新助っ人は「何でもする」と超優等生発言。“魔球”ハードシンカーを操り、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表を手玉に取った男が、最強にして安心な“保険”として猛虎を支える。1年契約で年俸1500万円、背番号「41」。 

【続きを読む】