2015.3.11 13:00(2/2ページ)

伊原春樹前監督が今季の西武を大予想!/球界ここだけの話(112)

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
「くにまるジャパン」に出演した西武前監督の伊原春樹氏=10日、東京・浜松町の文化放送

「くにまるジャパン」に出演した西武前監督の伊原春樹氏=10日、東京・浜松町の文化放送【拡大】

 伊原さんは監督だった昨年の開幕前も「普通に当たり前にやれば優勝します」と豪語したが、主軸の中村、坂田が故障し、新外国人は大ハズレ。「3人も4人もけが人が出るとは思わなかった。外から見ると、優勝戦線に食い込めるメンバーだと思ったが、いざ中に入ると、1、2軍の層にあまりに差があった」と振り返った。

 さらに「栗山も『頑張らなきゃいけない』というのが空回りして。浅村も中村の代わりに4番にしたが『俺が打たないと』とひとりに負担がかかってしまった。投手は頑張ったが、点が取れないから、どうしようもなかった」と悪循環に陥り、開幕から低迷したという。

 それだけに怖いのが故障。「中村は三塁よりも一塁か指名打者の方がいい。(抑えの)高橋朋ちゃんも昨年あれだけ投げたから、肘を故障しないように大事に使わないと」と心配する。

 かつて西武では退任した監督が翌年の順位を最下位と予想。テレビ局にたしなめられ5位に修正したが、日本一になってしまい赤っ恥をかいた例がある。伊原さんが期待を込めて予想したのは、ライオンズ愛の成せる業だろう。

 “初登板”は決まっていないが、歯に衣着せぬ“伊原節”で球界に波紋を巻き起こしてもらいたい。

(塚沢健太郎)